ホームページ作成ならプロにお任せ【集客力UPのサイトづくり】

Web制作

業者の得意分野を知る

PC

大企業と個人による動画制作

動画制作においては幅広い力が必要になります。企画を立てて原案の構想を練ることから始まり、その制作にあたってはグラッフィックデザイナーとしての能力が多方面から必要になります。このため、大手の動画制作企業においてはそれぞれの分野の専門家を組み合わせたグループで1つの映像制作に従事するようにしているのが一般的です。 一方で、これらを一手に担えるスキルがある人であれば一人でも動画制作が可能です。そういった有能な人材が動画クリエーターとしてフリーランスをする傾向も生まれてきています。個人で行うことにより顧客とのやり取りを密にして期待に応える製品を提供できるということから高い気概を持っている人が多い傾向にあり、人気を集めつつあります。

ヒアリングに基づいて契約へ

動画制作を発注する際には、どのレベルまでを自社で行うかによってその方法が幾分異なります。宣伝広告の場合、そのコンセプトを伝えることで動画全体のデザインから発注することもできます。あるいは動画の流れまでは自社で考え、それを実際に動画として作り上げてもらうという発注も可能です。いずれの場合においても基本的にはヒアリングが行われ、それによる依頼内容の擦り合わせが行われるのが一般的です。そして、その内容に応じた料金設定がなされ、契約を結ぶということになります。 こういった際に、ヒアリングによって既存の料金プランに合わせる傾向が強いのが大手企業であるのに対し、フリーランスの場合には柔軟に顧客の要望に応えた上で料金の設定する傾向があります。